400メートル走の平均タイムは?学年/男女別に推定記録をまとめ

陸上競技のスプリント種目である400メートル走について、

  • 公的データにもとづく平均タイムの有無
  • 学年や男女別の平均タイムの推定値

をまとめます。

宅(タク)

普段運動をしていない人から陸上競技を専門で行ってる人まで、全体の400m走平均タイムです!

400メートル走の平均タイムとは?

400m走の平均タイムの統計データは存在しない

走り幅跳びや50m走などはスポーツ庁が毎年行っている新体力テストにおいて平均タイムが調査されていますが、400m走のタイムを統計的に調査したデータは知られていません

スコアリングテーブルから平均タイムを推定

陸上競技における種目間のタイムを換算するツールとしてスコアリングテーブルが知られています。

今回は、スコアリングテーブルを用いて400m走の平均タイムを推定しました。なお、推定には一般人が400mを走る際に求められる特性が近く、統計データが存在する1000m走の平均タイムを用いました。

MEMO

1000m走の記録の出典は以下の通りです

  • 12~19歳 男性:ACSPFT 国際体力テスト運動能力テストに関する資料 1973年
  • 12~19歳 女性:健康と体力 Vol.21, No.12, 1989年
  • 20~24歳:新・日本人の体力標準値〈2〉

400メートル走の平均タイム

中学生の400m走 平均タイム

学年男性の400m 平均タイム女性の400m 平均タイム
中学1年生(12歳)1分18秒以上1分32秒
中学2年生(13歳)1分18秒以上1分33.7秒
中学3年生(14歳)1分16秒1分34.6秒

中学3年生男性の400m走の平均タイムは、1分16秒と推定されます。

MEMO
中学1~2年生男子ではスコアリングテーブルでは対応するタイムが存在しないため400mの平均タイムが算出できませんでした

中学生女子の400m走の平均タイムは1分30秒ほどで、学年を経るごとに少しずつ平均タイムは低下していきます。

高校生の400m走 平均タイム

学年男性の400m 平均タイム女性の400m 平均タイム
高校1年生(15歳)1分13.1秒1分38秒
高校2年生(16歳)1分12.1秒1分39.1秒
高校3年生(17歳)1分13.4秒1分38.7秒

男性の400m走の平均タイムは、高校2年生で1分12.1秒と最高記録に到達します。

女性の場合は中学生から引き続き、学年を経るごとに少しずつ400m走の平均タイムは低下していきます。

大人の400m走 平均タイム

年齢男性の400m 平均タイム女性の400m 平均タイム
18歳1分15秒1分39.8秒
19歳1分16.4秒1分39.5秒
20歳1分17秒1分43秒
21歳1分18秒1分43.5秒
22歳1分18秒以上1分43.5秒
23歳1分18秒以上1分44.3秒
24歳1分18秒以上1分44.3秒

男女ともに高校生から引き続き、大人になっても徐々に400m走の平均タイムは低下していきます。

400メートル走とは?

400mを走り切るタイムを競う種目

400m走は陸上競技の短距離種目であり、どれだけ短い時間で400mを走り抜けることができるかを競うスポーツ競技です。

宅(タク)

400mトラックをちょうど1周分!
400m走では最大スピードとスタミナの両方が求められるため、非常にタフな種目として知られています。

スポーツテストにおける400m走

400m走はスポーツテスト(新体力テスト)での項目としては採用されていません

宅(タク)

400mを走り切るには、かなりの体力が求められるため、体育の授業の一環として行われることも少なそうです

400メートル走の平均 まとめ

  • 男性の400m走 平均タイムは、高校2年生で1分12.1秒とピークを迎える
  • 女子中高生の400m走 平均タイムは、1分30~40秒ほどが目安となる
  • 上記は1000m走の平均タイムをもとにした推定値であり参考レベルにとどまる