【10月開催】2021年ミスターオリンピア特集

ブランドン・カリーとは?身長&体重/経歴/エピソードまで大特集

  • 2019年にオリンピアを優勝して世界一のボディビルダーの座を獲得
  • 一方、一部ではフェイク王者とも囁かれる

『ブランドンカリー』

少し不遇な15代目オリンピア王者についてまとめました。
2021年ミスターオリンピア特集 日程/出場者/視聴方法まで

プロボディビルダー「ブランドンカリー」とは?

ショーンローデンは、IFBBに所属するプロボディビル選手。ボディビルの世界大会、ミスターオリンピアで2019年に優勝を収める実力者として知られます。

プロフィール(年齢/身長/体重など)

ブランドンカリーはこんな人

  • 生年月日:1982年10月19日
  • 身長:172.5cm
  • 体重 115.7~120kg
  • 出身:アメリカ(テネシー州)
  • 生年月日 1982年10月19日
  • プロデビュー:2008年
  • その他:2019年オリンピア優勝
  • SNS:Twitter / インスタ

宅(タク)

オリンピア優勝をおさめたのは30代後半。苦労の末のタイトルでした!

ボディビル戦績

主な獲得タイトル

  • 2003年 Supernatural Bodybuilding, 優勝
  • 2006年 NPC Junior National Championships, 2nd
  • 2007年 NPC USA Championships, 2nd
  • 2008年 NPC USA Championships, 優勝
  • 2010年 Europa Super Show, 8th
  • 2010年 Pro Bodybuilding Weekly Championship, 6th
  • 2011年 IFBB Mr.Olympia, 8th
  • 2012年 IFBB Arnold Classic, 7th
  • 2013年 IFBB Arnold Classic Brasil, 優勝
  • 2015年 IFBB Arnold Classic, 16th
  • 2017年 IFBB New Zealand Pro, 優勝
  • 2017年 IFBB Arnold Classic Aus, 優勝
  • 2017年 IFBB Mr. Olympia, 8th
  • 2017年 IFBB Ferrigno Legacy, 優勝
  • 2018年 IFBB Mr. Olympia, 5th
  • 2019年 IFBB Arnold Classic, 優勝
  • 2019年 IFBB Mr. Olympia, 優勝
  • 2020年 IFBB Mr. Olympia, 2位

ブランドンカリーの経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Brandon Curry(@brandon__curry)がシェアした投稿

学生時代

ブランドンカリーの筋トレとの出会いのルーツは幼少期に遡ります。

カリーが6歳の誕生日に両親からプレゼントされたのは何と『ダンベル』

GIジョー・ランボー・ロッキーといった映画の中のマッチョスターにあこがれを抱いた少年は、両親のすすめもあり体操競技の教室に通うことになります。

体操競技こそ続かなかったものの、大学ではアメフト選手として活躍する傍ら運動科学を専攻するなど、スポーツには力を入れ続けたブランドンカリー。

宅(タク)

紆余曲折を経て、最終的にボディビルダーとしてのキャリアに向かいます!

プロデビューも燻る10年間

ライトヘビー級からボディビルのキャリアをスタートしたカリー。

順調にサイズアップを重ねてアマチュア大会で活躍、2008年にNPCのアメリカ大会でプロカードを取得します。

ただ、そこからオリンピアを制するまでは、トントン拍子にとは行きませんでした。優勝はおろか、10年近くトップ10にもランクインできない時期が続きます。

2017年からの快進撃

転機が訪れたのは2017年。この年に8位に入賞すると続く2018年に5位と順位を上げます。

宅(タク)

カリーがクウェートにあるOxygen Gym(オキシジェンジム)で修行をはじめたのが丁度この頃。その成果が表れたのかもしれません!
MEMO
オキシジェンジムは、ボディビルの聖地とも呼ばれ、ビッグ・ラミーなど数々の名ビルダーがホームジムとしていることで知られます

翌年2019年も好調は変わらず、アーノルドクラシックで優勝。

勢いそのままにミスターオリンピアでも優勝を果たしました。
▼シュワルツェネッガーからトロフィーを授与されるカリー

ブランドンカリーの噂&エピソード

90年代なら6位にも入れない?

過去のミスターオリンピアン、ドリアン・イェーツがブランドンカリーを「90年代ならば6位に入れない」と酷評しています。
ドリアン・イェーツとは?身長&体重/経歴/エピソードまで大特集 ただ、90年代と現在では評価基準が違うため、選手が目指す体も異なります。

したがって、ドリアン・イェーツの発言はある種的外れといえます。

宅(タク)

もっとも、ドリアンの発言には、ヒール役を買って出たリップサービス的な意味合いもあったかもしれません
▼ドリアン・イェーツがカリーを批評している動画はこちら

2019年のオリンピアはレベルが低かった?

2019年のオリンピア出場者の中で一番仕上げてきたのはブランドン・カリー。
それは間違いないですが、一方この年は前年度覇者ショーン・ローデンや実力者、フィル・ヒースが出場していません。
このことから、一部で「2019年のオリンピアはレベルが低かった」とも言われます。

宅(タク)

ブランドン・カリーさんには、批評を跳ね除け真の王者としての連覇を目指してもらいたいところです!

ブランドン・カリーは結婚している?

ブランドン・カリーさんには奥さんがいらっしゃいます。

宅(タク)

2人の娘さんと一緒に幸せな家庭を築いているようです!

ブランドンカリーのSNS情報

インスタグラムアカウント

参考 ブランドンカリーインスタグラム

トレーニング動画

▼脚のトレーニング

▼胸&背中のトレーニング

▼肩&腕のトレーニング

ブランドンカリーの名言

恐怖は酷いもんだ。恐怖の壁を乗り越えろ。そうすれば出来ないことなんてなくなる。
Fear is crippling. Break through that barrier and anything becomes possible.

自分の夢をけなす人とは距離を置け。ちっぽけな人間ほど人の夢をけなすもんだ。けれど、偉大な人は”自分だって偉大になれる”そんな気持ちにさせてくれるんだ。
Keep away from people who try to belittle your ambitions. Small people always do that, but the really great make you feel that you too can become great.

己の筋肉を敵にする時、痛みは友達だ。
Torture is your friend when you make your muscles the enemy.

宅(タク)

ちょっと分かりづらいですが、
トレーニングでは自分の筋肉を敵に見立てて痛めつけるもの
そして痛みは筋肥大の兆しとして味方とみなせる
ということでしょう

ここまで山あり谷ありだった。たくさんの期待も背負ってきた。けれど、今は山の頂きが見える。ここまで近づいたことはなかった。
It’s been a long road—ups and downs, lots of expectation, but I can see the mountaintop. I’ve never been this close.

宅(タク)

ミスターオリンピアが目指せる位置まで来たということを比喩を交えて語っています

失敗というのは偉大さに向けての手段なんだ。
Failure is another steppingstone to greatness.