\ボディビルかけ声 傑作集/

【ジム通いVS自宅トレ】ホームトレーニングのメリット・デメリットを考える

トレーニングを始めるにあたって迷うのが「ジムに通うか」ということ。

今回は、

  • ジム通い3年(ゴールドジム1年、エニタイムフィットネス2年)
  • ホームトレーニング3年

と両方を経験してきた私から、それぞれのメリット・デメリットをまとめておきたいと思います。

ジム代も高いし、自宅でトレーニングの方がいいのかなぁ…⁉

そんな悩みを抱えている人の参考になれば幸いです。

ジム通いのメリット・デメリット

ジム通いは、トレーニングの方法を基礎から教わりたい人におすすめです。

ジム通いのメリット

メリットまとめ

  • トレーナーにフォームを見てもらえる
  • 色々なマシンを試せる
  • お風呂が使える
  • トレーニング仲間ができる(出会いもあるかも?)
  • いつでも清潔
  • 開放感がある

ただし、ジムのお風呂はよほど家からジムが近い人でなければ、自宅の風呂代わりにするのは難しいです。夏だと移動中に汗をかいて家でシャワー浴びなおし、冬だと湯冷えが怖くてあまり使えないです。

ジム通いのデメリット

デメリットまとめ

  • ジムまで通うのが面倒
  • 長い期間で見るとコストが高い
  • 混んでいるとトレーニングに時間がかかる
  • 人の目が気になる

なお、ジム通いとホームトレーニングの損得の分岐点はおよそ1年です。ジムに通えば年間で10万円はかかります。これだけあれば、かなり良い自宅トレーニング環境を作れます。

ホームトレーニングのメリット・デメリット

ホームトレーニングは、時間がない中でも効率的に体づくりをしたい人におすすめです。

ホームトレーニングのメリット

メリットまとめ

  • いつでも気軽にできる
  • 器具が空くまでの待ち時間がない
  • 長く使うとジム通いより安上がり
  • 自分のペースで鍛えられる
  • トレーニング後すぐ休める
  • トレーニング後すぐシャワーを浴びられる

ホームトレーニングのデメリット

デメリットまとめ

  • 器具が少なくトレーニングが単調になりやすい
  • 空間を大きく使うトレーニングができない
  • 場所をとる
  • 初期投資が高くなりがち
  • 合トレ(合同トレーニング)ができない
  • ジムエリアの掃除が面倒

はじめの2つがトレーニング効果に関するデメリットです。筋トレをする目的次第ですが、引き締まった体を作りたいという目標であれば、自宅トレーニングでも十分に達成可能です。

宅(タク)

もちろん継続してトレーニングができる前提での話になります…
  • ボディビルやフィジークなどのボディメイクコンテストで入賞したい
  • アスリートとしてのパフォーマンスアップ

を目的とした場合にのみ、自宅トレーニングでの限界を感じることになるかと思います。

ボディビルでは、筋肉を細かく分けて部位別にトレーニングするのセオリーです。その場合、部位別にトレーニングマシンがないと正直キツいです。1つの部位で3種類以上のトレーニングマシンを使うこともしばしばなので、自宅ですべてを賄うのは不可能

アスリートの場合、ハイクリーンやケトルベルスイングなど全身の連動性を高めるトレーニングをするべきですが、これらは空間を広く使うため自宅でやるのは困難。ビッグ3などで筋肉を大きくする宅トレを行うこともできますが、正直、自宅トレーニングをメインにすることはお勧めしません。

結局、ジムトレと自宅トレはどっちがいいか

重要なのは続けられる方を選ぶこと

ジム通いと自宅トレーニングには一長一短あることを書いてきました。どちらが良いかは個々人によりますが、選ぶ際のポイントはシンプル。トレーニングを続けられる方を選ぶこと。これが何より大切です。

宅(タク)

ダイエットやボディメイクは一朝一夕にはできない!継続で勝利を勝ち取ろう!

基本的にはジム通いの方が続けやすい

個人的には行ったら嫌でもトレーニングをせざる得ないジム通いの方が続けやすいと思っています。

ただ「着替えの準備⇒ウェアを準備⇒ジムまで移動⇒着替える⇒トレーニング」とトレーニングを始めるまでの準備が面倒なのも事実。ここで挫折してしまうようなら自宅トレーニングの方がよいです。

時間がないor人目が気になる人は自宅トレーニングがおすすめ

加えて、時間がない社会人、ジムだと人目が気になってしまう人もホームトレーニングの方が向いていると言えます。