ダンベルをバーベル化「KOMBOバーベル」特集

【限定】オイコス「バナナ味」実食レビュー【意外とクセもの】

コンビニで見つけた見慣れないパッケージのオイコス。見てみると期間限定でバナナ味が発売されていた模様。

MEMO
オイコスは高たんぱくで知られるギリシャヨーグルト。タンパク質10gを健康的に摂取でき「プロテインの代わりになる」ヨーグルトです

宅(タク)

買ってみたので早速レビューしてみます!

「OIKOS(オイコス) 限定バナナ味」基本情報(価格・栄養成分など)

基本情報

商品名「ダノンオイコス 脂肪0(ゼロ) バナナ」
名称発酵乳
フレーバーバナナ味
内容量110g
価格約150円
発売日2019年11月
メーカーダノン
ブランドオイコス
販売元ダノンジャパン株式会社
賞味期限39日

栄養成分(1食分あたり)

内容量110g
エネルギー92kcal
たんぱく質9.6g
脂質0g
炭水化物(食物繊維)12.9g(?g)
食塩相当量0.1g
カルシウム120㎎

原材料

乳製品、糖類、バナナピューレ、レモンピールペースト、増粘剤、酸味料、香料、クエン酸カルシウム

公式サイト

参考 oikos

「OIKOS(オイコス) 限定バナナ味」の実食レビュー

掬ってみるとこんな感じ。下の方にフルーツソースが入っているのですが、バナナ味は白っぽいソースでした。

さて、オイコスを食べる際には、混ぜて食べるのが定番。ということで混ぜてみると…なんだかネットリしています。

こういった辺りがバナナゆえかなぁと思います。

で、肝心の味。思ったより甘くなくて、後味が微妙。体に悪そうとは言わないですが、なんだか食べ物じゃないような違和感がありました。

バナナ味の再現もプロテインのバナナ味の方が上。ちょっと期待はずれでした。

バナナ×ヨーグルトってありそうで中々見ないし、実は相性が今一なのかもしれません。

オイコス 3つのおすすめポイント

  1. 脂肪0
  2. 着色料、人工甘味料、人工香料は不使用
  3. コンビニで購入可。手に入れやすい

「OIKOS(オイコス) 限定バナナ味」の口コミ

 

「OIKOS(オイコス) 限定バナナ味」のデメリット・注意点

  • プロテインパウダーには価格・栄養素面で劣る
  • 冷蔵保存が必要
  • 限定製品のため一時的にしか購入できない

「OIKOS(オイコス) 限定バナナ味」の購入方法

お店で購入

全国のコンビニで購入可能。また、コストコで箱買いをすると1個100円以下で手に入ります。

ネットで注文

宅(タク)

バナナ味のオイコスは現在ネットでは販売できない模様です

「OIKOS(オイコス) 限定バナナ味」まとめ

  • オイコスは脂肪0で高たんぱくなギリシャヨーグルト。ダイエットにも最適
  • オイコス「バナナ味」は2019年の限定フレーバー
  • 定番フレーバーで美味しいと思いきや、後味にクセあり。

宅(タク)

期間限定のフレーバーなので、早めに買ってみてくださいね!