\ボディビルかけ声 傑作集/

パワーラック・ハーフラックの違いとは?筋トレ用ラックの種類と違いまとめ

自宅にパワーテックのハーフラックを導入した経験を踏まえ、分かりづらいホームジム構築のヒントをまとめたいと思います。

今回は、筋トレラックの種類についてです。

そもそもラックとは?

ラックの定義らしきものが過去のアイアンマンに掲載されていました。

ラックとは頑強なフレームで構成され、左右のフレームから高さの調節可能なセーフティーバーを備えるトレーニング機器の総称である(Peary Rader 1964)

分かりづらいですが要するに「バーベルを置くための棚」という意味。

  • バーベルベンチプレス
  • バーベルスクワット

といった、バーベルを使ったフリートレーニングを行うためには必須の筋トレアイテムです。

パワーラックとハーフラックの違い

トレーニング用のラックは大きく2つに分けられます

  • パワーラック
  • ハーフラック(スクワットラック)

ここからパワーラックとハーフラックの違い、それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます!

パワーラックとは

パワーラックは、4本の支柱でトレーニングを行う空間が完全に囲われたラックを指します。

言い換えると、ラックは直方体になっています。

前後の支柱をつなぐようにセイフティーバーがついているため、構造上バーベルが落下することはありません。

パワーラックのメリット

四角い空間でがっちり取り囲まれているため、1番安定性に優れます。

パワーラックのデメリット

一方、その大きなサイズはホームトレーニーには向かないことも。

特に1ルームの部屋にパワーラックを置くと圧迫感が物凄いです。

ハーフラック(スクワットラック)とは

ハーフラックは、バーベルを置くための支柱が後方に2本のみあるラックのこと。

ハーフラックのセイフティーバーは後方の支柱から迫り出すようについています。

ラックの種類によってはこの長さが足りず、バーベル落下の可能性があります。

ハーフラックのメリット

奥行きがパワーラックの半分くらいになり随分スッキリとします。

宅(タク)

私はワンルーム6畳でハーフラックを置いていました。

上手く扱えばベンチプレス・スクワット・懸垂まで行えるため、個人的にはホームトレーニーに1番おすすめです。

ハーフラックのデメリット

ハーフラックは選び方が非常に大切。

安い粗悪品を選ぶと安定性が劣り危険なので注意が必要です。

パワーラック・ハーフラックの見分け方

はじめにこの2つの見合分けについて。支柱が4本なのがパワーラック、支柱が2本なのがハーフラックです。

▼柱が4本あるのでパワーラック

▼柱が2本しかないのでハーフフラックです

MEMO

さて、これはパワーラック・ハーフラックどちらでしょうか

正解はハーフラック。

後ろについているのは単なるウエイトの置き場所なので柱とはみなしません。

パワーラックはバーベルを置く柱より前方に柱があります

その他の筋トレラック

マルチラック

パワーラックやハーフラックにラットプルなどのマシントレーニングの機能がついたものをマルチラックと呼ぶことがあります。

ただ、メーカーによって指すものはまちまち。例えばボディーメーカーのマルチラックは、単なるハーフラックです。

一方のワイルドフィットだと、まさにマルチラックといった多機能ラックになっていますね。

本格的なマルチラックはかなりサイズがあるので、専用のトレーニングルームがない人は導入を見送った方がよいかと思います。

コンボラック

パワーラックでもベンチプレスを行えますが、パワーリフティング(ベンチプレス競技)ではベンチプレス台が個別のトレーニング器具として用意されます。

そして、パワーラックにベンチプレス台をくっつけた形状のラックをコンボラックと呼びます。

こちらも非常に高価なので一般の人が買う必要はありません。

まとめ

ここまで、色々と分けてご紹介しましたが、これらをまとめてパワーラックと呼ばれることも多いようです。