\ボディビルかけ声 傑作集/

スクワットのバーベルが滑り防止に「A7 BAR GRIP Tシャツ」が役立ってます

下半身トレーニングの王様、スクワット。大好きなのですが、やっていて困るのが「バーベルが滑る問題」

誤ってバーを落とさないか冷や冷やしてトレーニングに集中できません。

そこで「バーベルスクワットのバーすべりを防止する方法」について調べてみました。

A7の「滑り止め防止トレーニングウェア」を買う

ジムで時々見かけるA7というブランドのTシャツ。後ろのデザインが独特なのですが、実はバーベルを滑らないようにするラバーの役割があるんだそうです。

ベンチプレスで身体が滑りませんか?スクワットの時にバーが滑り落ちてきませんか? 大丈夫、BAR GRIP™があります。独自のシリコングリップを背負ったシャツがベンチ台を、バーベルを捕らえます。

個人的にはあまり気に入らないデザインなのですが、トレーニングに集中するためなら仕方ありません。ということで2枚購入してみました。

宅(タク)

届いたのがこちら!

包装がなかなか凝っていてテンションあがりますね。

開封したのがこちら。六角形の部分がラバーになっていて滑りを防止してくれます。

(ローバースクワットの場合) 体を前傾させる

ローバースクワットの場合、前傾せずにしゃがみ込むフォームだと、かがんだ際にバーが後ろにずり落ちそうになります。

正しいのはしゃがみこむ際に「少し体幹を前傾させる」フォームです。鏡などを使って、うまく前傾できているか確認してみるといいでしょう。

深く体を前傾させると腰の怪我につながるので、あくまで「少し」がポイントです。

三角筋を発達させる

三角筋が発達していればうまくバーが乗るなんて話もあるみたいです。ただ、個人的にはこれは半信半疑。そもそも、三角筋を鍛えるまで待っているわけにもいかないので、対策としてはイマイチですね。

ハイバースクワットにする

バーを三角筋の後部(ようするに通常のスクワットより低く)に担ぐローバースクワットだと特にすべりやすいです。肩の上部に担ぐようにするフォームの「ハイバースクワット」にすることで、多少滑りづらくなります。