\ボディビルかけ声 傑作集/

【BSNシンサ6プロテインクリスプ】サプリショップ店長おすすめの塩タフィープレッツェル味レビュー

海外製のプロテインバーの中で恐らく最も有名なのが「シンサのプロテインバー」

宅(タク)

今回は、中でもトレーニーの間で美味しい!と評判の”塩タフィープレッツェル味”をレビューしてみました

「シンサ6 プロテインバー”プロテインクリスプ”」基本情報(価格・栄養成分など)

基本情報

商品名「シンサ6プロテインクリスプ」
名称プロテインバー
フレーバー塩タフィープレッツェル
内容量1本
価格300円程度
メーカーBSN
ブランドSyntha-6
販売元BSN

栄養成分(1食分あたり)

内容量57g
エネルギー240kcal
たんぱく質20g
脂質7g
炭水化物(食物繊維)24g(?g)
食塩相当量0.7g
1㎎
カリウム150㎎
コレステロール15㎎
カルシウム150mg

原材料

大豆タンパク質単離物、イソマルトオリゴ糖、植物油(パーム核油、パーム油、シア油)、ポリデキストロース、グリセリン、タピオカデンプン、マルチトールシロップ、砂糖、ココアバターで焙煎したアーモンド、および/または(牛乳、砂糖、砂糖、砂糖、砂糖、砂糖)ヒマワリ油)、エンドウ豆繊維、脱脂乳、寒天、バニラエキス、(水、アルコール、砂糖、バニラエキス)、米シロップ、ココアバター、大豆レシチン、スクラロース、乳脂肪、キサンタンガム、ヒマワリ油、粉末(リン酸一カルシウム、重炭酸ナトリウム、コーンスターチ)、トコフェロール、酵母、無糖チョコレート、乳糖、水酸化ナトリウム、ヒマワリレシチン

「シンサ プロテインバー”プロテインクリスプ”」の実食レビュー

宅(タク)

ファンが多いのが頷けますね。ほぼ満点、美味しいです!

食感はクシャっと潰れるくらいの適度なクリスプ感。パサつきも感じません。

プロテインバーとしては珍しいフレーバーですが味も美味しい。塩加減が丁度よく、ほんのりキャラメル風味。

さらに大味感がなくしっかりまとまった味になってるのがグッドです。また、ケミカル感やプロテインの臭さも感じません。

ちなみにトフィーというのはバターと砂糖から作られたお菓子のことらしい。言われればバターっぽさを感じる気も。

トフィー(英: toffee。英語発音: [ˈtɔːfi] トーフィ、[ˈtɔfi] トフィ。日本ではしばしばタフィーとも呼ばれる。)とは、バター(および場合により小麦粉)と共に糖蜜または砂糖を加熱(転化糖を生成)して作る菓子である。材料は、摂氏150から160度(華氏300から310度)のハードクラックキャンディ になるまで加熱する。トフィーは、ナッツやレーズンと混ぜて調理されることがある。

出展:Wikipedia

プロテインバーそのものが日本製のものより1まわり大きいので、一緒に飲み物があった方がいいです。

3つのおすすめポイント

  1. 美味しい
  2. たんぱく質が20gと多い
  3. グルテンフリー

「シンサ プロテインバー”プロテインクリスプ”」の口コミ

▼コールドストーンとコラボしたフレーバーもあるんですね

▼塩プレッツェル以外も美味しそうです

「シンサ プロテインバー”プロテインクリスプ”」のデメリット・注意点

  • プロテインパウダーには価格・栄養素面で劣る
  • 必須アミノ酸含有量不明
  • 他のプロテインバーと違ってビタミンやミネラルは入っていない

「シンサ プロテインバー”プロテインクリスプ”」の購入方法

お店で購入

普通のコンビニなどには売っていませんが、FitnessShopには置いてある店舗もあった記憶があります。

ネットで注文

Amazonで販売しています。

「シンサ プロテインバー”プロテインクリスプ”」まとめ

  • シンサ プロテインバーは海外製の中でも有名なプロテインバー
  • たんぱく質が20gとれてさらに美味しい
  • 中でも人気は塩タフィープレッツェル味