Amazonプライムデー最安プロテイン

グロング(GronG)のプロテインの値上げ状況まとめ。今後の価格動向や代替品も

国産かつ手頃な価格のプロテインとして知られるGrong(以下、グロング)のプロテインが2021年以降、2回にわたり値上げをしたのをご存じでしょうか。

そこで本記事ではグロングのプロテインについて、

  • どれくれい値段が上がったのか?(値上げ幅)
  • なぜ価格があがったのか?(値上げの原因)
  • 今後の価格動向やより安い代替品

についてまとめます。

グロングのプロテインが値上げ

グロングは2021年以降に2回値上げ

グロングのプロテインは2021年以降2回の値上げが行われ、当初比で19~64%の値上がりとなりました。

プロテインは、安めに設定されている大容量のものでも、味つきだと1kgあたり約3500円、プレーンでも約3000という状況になっています。

公式リリース

最大65% プロテインの値上げ幅&割合まとめ

商品名
内容量
製法
値上げ後価格(税込)値上げ情報
価格1kgあたり価格値上げ率値上げ幅
ホエイプロテイン100 スタンダードナチュラル1kgWPC¥3,480¥3,48060%¥1,300
ホエイプロテイン100 スタンダード風味つき1kgWPC¥3,480¥3,48040%¥1,000
ホエイプロテイン100 スタンダードナチュラル3kgWPC¥8,980¥2,99364%¥3,500
ホエイプロテイン100 スタンダード風味つき3kgWPC¥8,980¥2,99355%¥3,200
ホエイプロテイン100 ベーシックナチュラル1kgWPC¥3,480¥3,48060%¥1,300
ホエイプロテイン100 ベーシック風味つき1kgWPC¥3,480¥3,48040%¥1,000
ホエイプロテイン100 ベーシックナチュラル3kgWPC¥8,980¥2,99364%¥3,500
ホエイプロテイン100 ベーシック風味つき3kgWPC¥8,980¥2,99355%¥3,200
ホエイプロテイン100 パフォーマンスナチュラル1kgWPC¥4,480¥4,48050%¥1,500
ホエイプロテイン100 パフォーマンス風味つき1kgWPC¥4,480¥4,48037%¥1,200
ホエイプロテイン100 パフォーマンスナチュラル3kgWPC¥11,980¥3,99365%¥4,700
ホエイプロテイン100 パフォーマンス風味つき3kgWPC¥11,980¥3,99358%¥4,400
ウエイトアッププロテイン風味つき1kgWPC¥2,380¥2,38019%¥380
ウエイトアッププロテイン風味つき3kgWPC¥5,980¥1,99320%¥1,000
ジュニアプロテイン風味つき1kgWPC¥3,280¥3,28032%¥800

グロングのプロテインが値上げした理由

グロングは公式HPのリリースにて下記の通り値上げの理由について、

  • 原料価格の高騰
  • 物流費や包装資材量の値上がり

によるものだと言及しています。

宅(タク)

当初は、原料メーカーと長期契約を結ぶことで原料価格を抑える取り組みをしたものの、製品の値上げに踏み切らざる得ない状況に置かれているようです

新型コロナウイルスの影響により2020年頃からホエイプロテインの市場を取り巻く環境が大きく変わり、急激な需要増加と供給の減少により、ホエイプロテインの原料価格が高騰し続けました。

また、ホエイプロテインの原料メーカー様と長期契約を結び、事前に原料確保に努めて参りましたが、2021年に入った頃から原料の到着遅延や急激な価格高騰が続き、これまでと同じ販売価格でホエイプロテインを提供することが困難になりつつありました。 ホエイプロテインの価格改定について(2021年7月1日)

グロングの「ホエイプロテイン」は2021年7月に価格改定を実施いたしましたが、価格改定以降も「プロテイン原材料の急激な需要拡大」や「物流費・包装資材費の上昇」などの要因により、短期間で商品原価が大幅に上昇いたしました。 ホエイプロテインの価格改定について(2022年5月30日)

MEMO
原料価格の高騰詳細については、ビーレジェンドのプロテインの値上げ幅についての記事の中でその要因について深堀りしています

グロングの値上げはいつまで?

現在のところ、グロングのプロテインの値上げが終わる(あるいは値下げとなる)見通しは立っていません

むしろ公式リリースによると、2022年6月の値上げ以降も価格が上がる可能性が示唆されています。

現在のホエイプロテイン市場の動向を考えますと、今後、更なる価格改定の可能性も残ります ホエイプロテインの価格改定について(2021年7月1日)

現在のホエイプロテイン市場の動向昨今の世界情勢、為替の影響などを考えますと、今後、更なる価格改定の可能性もあります ホエイプロテインの価格改定について(2022年5月30日)

リリースの中の、”しばらくは今回の改定価格での販売を継続する予定です”という言及と、これまで年に1回の価格改定であったことを踏まえると、次の値上げは2023年の4月以降になることが予想されます

グロングの代替プロテイン

国内プロテインではボディウィングが安い

グロングの代わりとなるプロテインとしては、1kgあたり約2200円と最も安い価格帯になっているボディウィングのプロテインが候補です。

宅(タク)

多くの国産プロテインが3000円台となっている中ですが、ボディウィングは何とか2000円半ばで踏みとどまっています!
MEMO
8月14日時点で3個セットは品切れになっているようです
MEMO
価格は公式サイトのものです

マイプロテイン(海外プロテイン)

国内のプロテインにこだわらないのであればマイプロテインもおすすめなプロテインです。

月数回のセール時に購入すれば1㎏あたり2000円程で購入できるため、他のプロテインより頭一つ抜けたコスパといえるでしょう。

グロングのプロテイン値上げ まとめ

  • グロングのプロテインは2021年以降2回の価格改定を行っている
  • 最新価格だと1kgあたり、味つき:約3500円、プレーン:約3000円
  • 国産プロテインでの代替先としてはボディウィングが候補

宅(タク)

実はグロングは2019年には値下げをしたこともあります。値上がりは苦しいですがこれまで飲んできた方は応援の意味を込めて引き続き購入してしてみるのもおすすめです!