【使い捨てプロテインシェイカー】面倒なシェイカー洗いを解決する方法3選

プロテインを飲むとき、なんといっても面倒なのが容器を洗うこと。

寒い日は手がかじかむし、暑い日は雑菌が繁殖しないようすぐ洗う必要があったり。

とにかく面倒!!!

何とか容器を洗わずに済む(or楽に洗える)方法はないか…試行錯誤した上での結論をシェアします。

ミネラルウォーターのペットボトルでシェイカーを代用

いまのところ一番おすすめなのがペットボトルをシェイカー代わりにするこの方法。

ミネラルウォーター500mlの水を少し捨てて、ジョウゴを使ってプロテインパウダーを注ぎます。

プロテイン1回(25g)あたりの値段は75~150円くらいに、ミネラルウォーター1本40円の値段が加わります。

これを安いとみるかは迷いどころですが、私は続けるための経費と思って割り切っています。

プロテインドリンクで代用

お金に余裕があるならZAVASが出しているミルクプロテインを使うのも手です。1パックあたりタンパク質15gと少し量が少ないものの、1日2本飲めばトレーニング初心者は十分に効果が得られるはずです。

プロテイン入りの食品で代用

別の記事にまとめますが、プロテイン食品にはいろいろなバリエーションが出てきています。

中でもおすすめはヨーグルト(OIKOS)とプロテインバー。どちらもタンパク質が10g入っています。当然、容器を洗う必要はないので楽です。

おすすめしない方法:電動シェイカーを使う

電動で混ぜてくれるシェイカーなるものがあります。シェイクも水洗いも電動でできて便利かも!?と期待しましたが結局ダメでした。

プロテインを攪拌するプロペラ部にパウダーがへばりついて結局手洗いが必要になります。

個人的に、プロテインが続かない理由の第一位はシェイカー洗いの面倒さなんじゃないかと思っています。

おすすめのプロテインシェイカー

ネット上では色々な比較がされていますが、プロテインシェイカーはザバスのこれで十分。

シンプルな形で洗いやすく漏れもなし。300円とお手頃な値段が決め手です。

これ以上プロテインシェイカーについて語ることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です