\ボディビルかけ声 傑作集/

ザバスは英語でSAVAS?それともZAVAS??公式に確認して調べてみた【サバスじゃないよ】

明治食品が手掛けるプロテインブランドのザバス。最近はコンビニでもミルクプロテインの取り扱いがはじまったため、知っている人も多いかと思います。

有名ではあるものの名前が実にややこしく

サバス?ザバス??書き方はZAVASだっけ??

とこんがらがってしまうことが非常に多いんです。

宅(タク)

そこでこの記事では、つづりや読み方について分かりやすくまとめました!

そもそもザバスかサバスか

ときどき勘違いされる方もいますが、サバスではなくザバスです。

日本語の読み方については、商品パッケージに書かれているZAVASをそのまま読む人が多いので概ねザバスだと分かっている人が多いですね。

英語で書くと「SABAS・ZABAS・SAVAS・ZAVAS」どれが正しい??

宅(タク)

パッケージにZAVASって書かれてるから当然つづりはZAVASに決まってる

そう思っていたのですが実はこれが間違いだったのです。

あまり知られていませんが、ザバスは「Source of Athletic Vitality and Adventurous Spirit」という文章の頭文字をとったもの。ということでSAVASが正解です。

パッケージロゴのはじめが「S」ではなく「Z」のように見えたのはデザインのため反転しているだけだそうです。

(パッケージはZAVASのように見えるけれど)正しいつづりはSAVAS。そして読み方はザバス。

と非常にややこしい事態になっていますが、これが事実です。

ちなみに「Source of Athletic Vitality and Adventurous Spirit」は、直訳するとアスリートのバイタリティと冒険心の源。

アスリートを応援するブランドという意味が込められているんですね!

▼明治の公式ホームページに詳しい意味が掲載されていたので引用しておきます

新しい自分と出会うために、ザバス。 記録に挑み、自分に挑み、決してあきらめないあなたへ。 そのために費やした時間と情熱が報われるために。 ザバスはスポーツライフを『食』で応援します。 ザバスとは“Source of Athletic Vitality and Adventurous Spirit”の頭文字をとったもので、すべてのアスリートの「競技に挑む力とあふれ出る冒険心の源」であり続けたいという意味がこめられています。

まとめ

  • 明治食品が手掛けるプロテインのブランドの名前はザバス(サバスではない)
  • ザバスのつづりは「SAVAS」
  • パッケージに「Z」AVASと書いてあるように見えるのはデザイン上の問題で反転させているから