【ビッグラミー連覇】2021年ミスターオリンピア速報

ニシ・スポーツ「ハーフラックN21&バンジーケーブル」の使用感&効果を特集

ニシ・スポーツより新たなラックシリーズが登場しました。

『パワーラック(ハーフラック) N21』

  • ジャンプ力UPが狙える
  • 全身のコーディネーション強化がはかれる

というバンジーケーブルを接続可能で、特にアスリート向きなラックとして注目を集めています。

この記事では、「実際に使ってみた体感を交えつつ」N21シリーズとバンジーケーブルについての特集をお届けします。

N21シリーズとは?

ニシ・スポーツとは?

ニシ・スポーツは、昭和26年創業のスポーツメーカーで、陸上競技関連では随一のシェアを持っている企業です。

宅(タク)

陸上競技ではトレーニング器具だけでなく競技記録計測機器の販売、大会運営サポートまで幅広い取り組みをしてますね!

▲こちらのタイマーもニシ・スポーツ製です(男子100m桐生祥秀選手)

スポーツ器具関連では「筋力トレーニングで鍛えた身体を効率よく動かすことでパフォーマンスは向上します」そんなメッセージのもと、主にアスリート向けの器具やギアを開発しているのが特徴的です。

新作ラック N21シリーズが登場

多くのアスリートにとって、フリーウエイトトレーニングは基本メニューとして取り入れられています。

そのために使うのがパワーラック(やハーフラック)。そして、N21シリーズは、ニシ・スポーツが2021年に新たに販売開始したパワーラックおよびハーフラックです。

宅(タク)

カタログの表紙を飾るなど一押しのフィットネス器具としてデビューしています!

ハーフラックN21のレビュー評価

宅(タク)

2021年に開催したSPORTECにてハーフラックN21を試す機会があったので使用感を含めてレビューをしていきます

バンジーケーブルの果たすトレーニング効果

バンジーケーブルは「スピードとパワーを強化するトレーニング器具」と位置付けられています。

宅(タク)

高いスピードが要求される”ジャンプ”という動作により、瞬発力が養われます!

これは言い変えると、筋肉をスポーツで使える状態に転用するためのトレーニングであるということです。

MEMO

筋肉を大きくするためのバーベルスクワットなどのトレーニングでは“力”を高めることができますが、それだけでは十分ではありません。

スポーツで求められるような高い“スピード”を鍛えるトレーニングによって初めて、身につけた筋肉がスポーツのパフォーマンスに活きることになるのです

バンジーケーブルを実際に試した感想

負荷つきの全身運動として効果的

パワーラックのオプション(別売り)として用意されているバンジーケーブル。使う際には、ベルトやストラップを用いてケーブルを腰辺りに装着します。

MEMO
バンジーケーブルを使うための必要なベルトやストラップ等の一式がオプションに含まれています

その使い方にはいくつかバリエーションがありますが、ケーブルを腰につないだ状態でジャンプをするというのが基本的な使い方。


まずは、垂直跳のように真上に跳ぶ「スクワットジャンプ」についてみてみましょう。

体感としては、バーベルを担いだスクワットジャンプなどに近いといえますが、腕や体感を振って反動を使い跳躍できるので、より全身の連動強化につながるだろうと感じました。

宅(タク)

公式上では、パワー・スピードトレーニングに重点が置かれていますがこの辺りの恩恵も大きそうですね!

また、ケーブルの負荷が最大で12kg程度と小さくはありますが、スピードをもって離地の瞬間を意識できるという点では、これはメリットとも捉えられます。

MEMO
バンジーケーブルの負荷は約10㎏、11kg、12kgの3段階で調節可能です

考察:バンジーケーブルによる感覚のズレ

やや斜め後ろから引っ張られるので、力をかける方向(跳ぶ方向)が何もついていないときと若干異なります。

バンジーケーブルを使うことで通常と使う筋肉が若干異なってしまうのでは?

微妙な感覚のズレにつながらないか心配

という部分が気になるところです。

宅(タク)

常に後ろからひっぱられつつトレーニングを行うことは理にかなっているのでしょうか?

結論、求められる力に逆行する向きで力を加えてトレーニングを行う。特に前に進む力強化のために後ろに引っ張るというのは主流の考え方なので、そこまで心配する必要はなさそうです。

MEMO

後ろ向きに負荷を与えるトレーニング例としては、

  • タイヤ引きなどの牽引走
  • Vertimax(チューブでの負荷付きのスタートトレーニング)

などが有名ですね

むしろ、牽引負荷を活用して前に進む力の強化することを目的に、バンジーケーブルを使って立幅跳トレーニングをするのがおすすめです。

宅(タク)

チューブと異なり離地の瞬間からしっかり負荷がかかるため、1歩目を踏み出すダッシュ力の強化が期待できますね!

感覚がズレないかどうしても気になる人は、バンジーケーブルの利用後、感覚の調整のためにケーブルを外した状態でジャンプ運動を行うのがよいでしょう。

ハーフラックとしての性能

最後に、ラックとしてのそもそもの性能についても見ていきます。

N21シリーズは、主に業務用ユースを想定して作られたラックです。

MEMO

税込価格は

  • ハーフラック:425,700円
  • パワーラック:535,700円

です

宅(タク)

使いやすさ・安定性・塗装。どれをとっても一級品に感じました!

特に、

  • 表面がエンボス調に加工されていて塗装が剥げづらそう
  • 業務用である一方、フレーム自体はシャープな見た目であること

になっているのがよいのが特徴的ですね。

MEMO

業務用ラックの場合、ビッグ3種目を行う分には基本的に性能的に不足はありません。

N21の塗装や見た目などが気に入る方はぜひ一考してみるとよいのではないでしょうか。

まとめ

  • ニシ・スポーツより新型ラックのN21シリーズが登場
  • 別売りのバンジーケーブルを組み合わせて、パワー&スピードの強化が可能
  • 全身のコーディネーション強化にもつながる

宅(タク)

この記事では紹介しきれませんでしたが、N21シリーズでは日本ではまだ広まっていないサスペンダー式のセーフティもオプションとして導入。老舗ながら、新しい技術・製品に着実に取り組みしているニシ・スポーツにこれからも注目です!