\ボディビルかけ声 傑作集/

【新フィジークプロ?】石本ファルークとは?経歴や筋肉についてまとめ

180cm以上とフィジーカーの中でもひときわ大柄。
逆三角形の上半身が強みの『石本ファルーク』

宅(タク)

現在IFBBプロカード取得に挑戦中のファルークさんについてまとめました!

石本ファルークとは

プロフィール

石本 ファルークはこんな人

  • 名前:石本 ファルーク(いしもと ふぁるーく)
  • 資格:NESTAウェイトマネージメントスペシャリスト
  • 所属:チームパルンボ
  • 身長:184cm?
  • 体重:~94kg
  • 生年月日:?
  • 出身校高:日体荏原

フィジーク戦績

獲得タイトル

  • 2018年 NPCJ New Generation classic 優勝
  • 2019年 NPCJ Blaze Open +175クラス 優勝
  • 2019年 NPCJ Blaze Open オーバーオール 優勝
  • 2020年 FWJ EVOLGEAR Hidetada Yamagishi, Iris Kyle Japan Classic 2020

石本ファルークの経歴

学生時代

大学までは陸上競技の100mのトップアスリートとして活躍

と超エリートアスリートとして注目を集める存在でした。

▼五輪メダリストのケンブリッジ飛鳥に勝つほどの実力

フィジークへの挑戦

陸上競技100mで素晴らしい戦績を残したファルークさんですが、高校まででピタッと陸上競技を引退します。

宅(タク)

競技成績からするとスポーツ推薦での進学は難なくできたはず。他の事に挑戦したいという思いがでてきたのでしょうか?
その後は東京のFIGOという24時間ジムにトレーナーとして在籍し、フィットネスの指導の傍ら、自身もフィジークに挑戦し始めます。

挑戦開始から間もなく頭角を現し、大会で優勝。

2020年には、エドワード加藤と共に次期IFBBプロに最も近い選手と言われるようになりました。

2020年プロカード獲得への挑戦

Japan Classic 2020

9月5日のIFBBプロリーグ大会でエドワード加藤らと激突。
この大会は5名の選手にIFBBプロカードが進呈される”プロクオリファイ”の試合。
惜しくもオーバーオール優勝は逃しプロカード獲得とはなりませんでしたが、クラス別の優勝を果たしました。

11月14日ナショナルプロクオリファイ

ファルーク石本さんの次の試合はIFBB PROFESSIONAL LEAGUE JAPAN NATIONAL PRO QUALIFIER。

宅(タク)

素晴らしいコンディションで臨んでいて、優勝とプロカードの取得に期待がかかります!