【ビッグラミー連覇】2021年ミスターオリンピア速報

シャイニー薊(あざみ)とは?経歴/噂/エピソードまで特集【マッスルグリル】

  • リアル刃牙と呼ばれるマッチョでクールな見た目
  • そこから想像できないお茶目なキャラクター
  • そして何より「最強の減量食 沼の生みの親」
【3合・5合・10合】減量食「沼」のレシピを公開&作ってみた感想他

宅(タク)

そんな超人気筋トレYouTuberシャイニー薊さんについて、

  • 年齢・身長、ボディビルの経歴
  • 面白エピソード
  • 気になる年収や噂

など徹底的にまとめました!

薊さんがフィジーク参戦初期から飲み続けてきたサプリ

▼シャイニー薊の相方「スマイル井上」についてはこちらにまとめました
【実は格闘家】スマイル井上のプロフィールから噂まで徹底調査【井上雄策】

シャイニー薊(あざみ)とは?

シャイニー薊さんは、大人気YouTubeちゃんねるマッスルグリルをメインに活動している筋トレYouTuber。

その魅力を語りだすと長くなってしまうのですが、

  • 一年中絞られたバッキバキの体が他の筋トレYouTuberからも一目おかれていること
  • 他の筋トレYouTuberと仲が良くコラボ動画が多いこと
  • 薊さんが発明した減量食「沼」は筋トレ界のスタンダードとなっていること

この辺りをお伝えすれば、彼の人柄が伝わるでしょうか。

宅(タク)

まずは薊さんのプロフィールを見てみよう!

シャイニー薊が考案した「沼」とは?

シャイニー薊さんをここまで有名たらしめている一番の理由。それが「沼(ぬま)」です。

炊飯器を使って簡単に作れるこの減量食は、Youtubeで300万回以上再生される大ヒットレシピになりました。
【3合・5合・10合】減量食「沼」のレシピを公開&作ってみた感想他

宅(タク)

薊さんのバキバキボディを支えるのが沼!

プロフィール(身長・体重・年齢ほか)

シャイニー薊はこんな人

  • 本名:薊優希(あざみゆうき)
  • 生年月日:1987年
  • 出身:埼玉県
  • 身長:169cm
  • 体重:73kg~80kg前後
  • 出身中学:蓮田南中学
  • 出身高校:埼玉県立大宮東高等学校体育科(器械体操部)
  • 最終学歴:大学専門学校卒(服部栄養専門学校)
  • 職業:Youtuber、アパレルの運営備考調理師免許
  • 憧れのボディビルダー:ショーン・レイ
ショーン・レイとは?身長&体重/経歴/エピソードまで大特集

宅(タク)

シャイニー薊というニックネームは薊さんが通っていたジムのトレーナーにつけてもらったそうです
MEMO
ボディビルやフィジークの選手は

  • マッスル北村
  • ジュラシック木澤
  • パルンボ井若

など名前の前にカタカナを付ける風習があります

ボディビル&フィジーク戦績

筋トレ以外の動画を多数出していて忘れそうになりますが、薊さんはボディメイク大会でも活躍しています。
実は初代フィジークの日本チャンピオンになっているということは知らない人も多いのではないでしょうか。

出典:NPCJ

ボディビル

  • 2008 JBBF 東京ボディビル選手権ジュニアの部 優勝
  • 2008 JBBF 日本ジュニアボディビル選手権 4位
  • 2010 JBBF 東京クラス別ボディビル選手権75kg級 予選敗退

フィジーク

  • 2014 USBB初代メンズフィジーク -170/オーバーオール優勝
  • 2015 NPCJ All Japan Legends Classic メンズフィジーク-170優勝
  • 2016 NPCJ Mola Cup メンズフィジーク-170優勝
  • 2016 NPCJ ビーフ佐々木 メンズフィジーク(170cm未満)準優勝
  • 2016 NPCJ World Legends Classic クラシックフィジーク優勝
  • 2017 NPCJ ビーフ佐々木 メンズフィジークオープンクラス -170cm 3位
  • 2018 IFBB Pro League pro Qualifier classB メンズフィジーク5位
  • 2020 North Japan Openメンズフィジーク -170cm 6位
  • 2021 IFBB×FWJ APRIL CHAMPIONSHIPS メンズフィジーク -170cm オーバーオール優勝
  • 2021 EVOLGEAR HIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSIC(プロクオリファイ) メンズフィジーク -170cm 準優勝
  • 2016 FWJ ビーフ佐々木 メンズフィジーク(170cm未満) 準優勝

ただ本人は、

  • 絞れていて大きな身体に魅力を感じていてそういった自分の体をつくるのが目的
  • 身体づくりがいい方向性に向かっているか確認するために試合に出ている

そういったコメントもしていて、大会の実績にはそこまでこだわりがないよう。

その一方で、2016年のリバトラナイトというイベントでは「ボディビルで優勝したい」という発言をしていたそうです。

宅(タク)

少し前の話ですし、リップサービスなどもあるかもしれませんが、ボディビルで薊さんが世間を席捲する日を個人的には楽しみにしています!

マッスルグリルを運営

シャイニー薊さんはyoutubeチャンネル「マッスルグリル」を運営。登録者数40万人以上の人気チャンネルで、料理企画や街歩きなど幅広いエンタメ系の動画を扱っています。

カッコよさを前面に出した動画を出す筋トレYouTuberが多いのですが、マッスルグリルでは、どの動画もゆーるい雰囲気&面白おかしく仕上がっている(?)ので幅広く人に愛されています

そんなマッスルグリルの雰囲気をつくっているのはもちろん、薊さん本人。マッスルグリルについては「【祝・漫画化!】【筋肉×料理】大人気YouTubeちゃんねるマッスルグリルとは?」でまとめています。

ビストロシャイニーで数々のレシピを考案

また、薊さんを語る上で外せないのが『料理』
調理師として元々はレストランで働いていたこともある経験を活かし、お手軽かつ健康的なレシピをたくさん公開しています。
【全100種類】マッスルグリルの料理レシピ集【ビストロ/カフェド/おふくろシャイニー他】

宅(タク)

その数100種類以上!
中でも薊さんの代名詞“沼”をアレンジしたレシピは相当な人気を博しています。
【マッスルグリル】減量食 沼のアレンジレシピ全集【味噌/キムチ/チーズ他】

ひたすらボケ続ける薊さんに注目!

独自のシュールな世界観を持っていて、どこまで本気なのか分からない。
そんな一面も薊さんの魅力といえます。

宅(タク)

筋トレyoutuberの動画を見て笑うことはなかったのですが、ついつい彼の動画では笑ってしまいます
MEMO
アーノルドシュワルツェネッガーのトレーニングのモノマネがツボです
▼そんな薊さんの語録はこちらにまとめました
【グリラー必見】シャイニー薊の名言&迷言(?)まとめ

シャイニー薊はステロイドユーザ?

シャイニー薊はナチュラルな可能性が高い

フィジーカーの中でもバルクが凄いと評判のシャイニー薊さん。

そんな彼がステロイドを使っているのでは?という話が時折なされます。

宅(タク)

本当にナチュラルなのか?薊さんの筋肉の成長等をもとに考察してみます!

結論から言って、シャイニー薊さんがステロイドを使っている可能性は高くないのでは?と考えています。

ユーザーではないと思われる理由

  • 筋肉量の急激な増加がない
  • プロカード取得を目指していない
  • 今後ナチュラルのコンテストを目指す可能性
  • マッスルグリルへの影響

フィジークやボディビル界ではステロイドの蔓延がたびたび取り沙汰されます。
ステロイドが広がりやすい構造上の理由や実態、服用のリスクなどについて「ステロイド特集」にまとめました。
アナボリック ステロイドとは?筋肉への効果/副作用/ボディビルでの広まり等について

筋肉量の急激な増加がない

薊さんは、フィジークやボディビル参加初期から、かなりの筋肉量をもっています。

分かりやすいステロイドを使用したサインの1つが「短期間での筋肉の急成長」

こういった急激な筋肉量の変化が薊さんにはないことは、ステロイドを使っていない状況証拠の1つといえます。

MEMO
フィジーク初出場時点で既にステロイドを使っていたのでは?と思われるかもしれませんが、当時薊さんが参加していたのはJBBFの大会。

JBBFではドーピング検査があり、ステロイドユーザは試合に参加できません。

そのため、少なくとも2010年程度頃まで薊さんがステロイドを使っている可能性は低いです。

プロカード取得を目指していない

他の多くの筋トレYouTuberとは違い、薊さんはフィジークやボディビルのプロでの活躍を目指すとは言及していません。

これには、ステロイドを使いたくないという意味も込められているのではないでしょうか。

ボディビル・フィジークのプロに到達した後には必然的にステロイドを使うことになります。つまり、プロを目指すということは「どこかのタイミングでステロイドを使い始める」と宣言することとほぼ同義な訳です。

裏を返せば、プロを目指すと言及していない薊さんが、ステロイド服用をする可能性は低いといえます。

今後ナチュラルの大会へ出場?

マッスルグリルでは薊さんが触れるボディビルのトップ選手。その選手の大半が、JBBFというナチュラル団体の選手達です。

心のどこかで、薊さん自身もJBBFボディビルでの活躍を思い描いているような気がします。

キャリアの途中でステロイドを使ってしまうと、当然JBBFでの活躍は難しくなります。

もし本当に薊さんがJBBFでの活躍を目指しているとしたら、ドーピングを使う可能性は低いでしょう。

ステロイドによるマッスルグリルへの影響

薊さんがマッスルグリルで伝えている内容は大まかに言って、健康的にボディメイクを進める調理法。

「調味料にあまり頼らず、野菜や素材の味を生かして美味しく食べよう」
そんな風にマッスルグリルでは健康を説きつつ、裏では健康を害するステロイドを使っている。

もし、そんなことになったら、マッスルグリルが受ける被害は甚大。多くのファンを失ってしまうことは容易に想定されます。

宅(タク)

薊さんにはそんな二枚舌であってほしくないなという願望もあります

ステロイドを使うことがマッスルグリルの運営ポリシーに合わないことは、薊さんがナチュラルのままでいるための動機付けになっているといえます。

シャイニー薊のポージング

ポージングはまさかの仁王立ち?

出典:View Muscle

ボディビルではステージ上ではポージングをして肉体美を競います。実は薊さんはポージングがあまり上手くありません。

薊選手もチョットちからを入れるとモーストマスキュラーになる…と言ってますが、クラッシックフィジークはモーストマスキュラーは禁止ポーズですからね。
出典:POWERHOUSE GYM ヘッドパーソナルトレーナー日記

そればかりか、ポージングすらしないこともあるんです。

例えるならフィギアスケートで踊らないようなものですから、当然ながら凄く浮きます。

宅(タク)

度胸というかなんというか…思わず笑ってしまいます。

▼その写真がコチラ

このことについて本人は「満足のいく仕上がりになっていなくて納得がいかないからポージングをしなかった」と口にしてます。

この仁王立ちポーズが一部で話題を呼びました。

5ちゃんれる(旧2ちゃんねる)で「ぷろたんが筋トレをして格好悪くなった」という板が建てられていました。

当のぷろたんを差し置いて

  • 隣にクッソイケメン立ってるんやが
  • 右の奴かっけー
  • 3枚目右かっこよすぎて草

と話題になったマッチョ。それが薊さんです。

▼この写真も仁王立ちですね

出典:NPCJ

そんな薊さんがついにポージング宣言

そんなシャイニー薊さんが2019年夏にある動画を出しました。「シャイニー薊 ポージング宣言!」


本来、フィジークでポージングをするというのは当たり前のことなのですが、この動画を見た筋トレ界隈が大盛り上がり。

コメント欄の中には

  • 鬼に金棒。薊にポージング。これは勝ちましたわ。
  • IFBBプロカード獲得おめでとう。
  • まだ優勝してないのに祝われてて草

など出場する前からお祝いするコメントもあったりして異様な盛り上がりを見せていました。

宅(タク)

続いて薊さんのルーツに迫ります!

シャイニー薊の経歴

学生時代

体育科の高校に進学して体操部に所属。みんなが吊り輪の練習に取り組む傍ら、シャイニー薊さんは、ベンチプレスに明け暮れる生活をしていました。

本人は高校のころまで物心がついていなくて良く覚えていない(?)と迷言を残していますが、当時から薊さんらしさ全開のエピソードがたくさん。

宅(タク)

いくつか紹介します!

二段弁当の中身

薊さんの二段弁当は上の段が豆…そして下の段も豆だったそう。

Youtubeで当時を知る友人から突っ込まれたところ、ドラゴンボールでも豆食ってたじゃん(?)、とよく分からない回答をしていました。

MEMO
ちなみに薊さん本人も語っていたように、豆は身体を大きくするにはそれほど向いていない食品です

キナテイン(きなこ×プロテイン)

お金がない学生時代はプロテインが高くてあまり飲めなかったそう。そんな薊さんが発明したのが、きな粉とプロテインを混ぜた「キナテイン」

このキナテイン、コストを抑えられるものの、おならが臭くなるというデメリットがあるんです。

究極のシャイだった
当時のことについて友人から「尖っていたよね、薊」と言われたところ、シャイだったと答えています。

薊さんが言うに「自分の心を癒してくれるのはダンベルとバーベルだけだった。だから癒しを求めてトレーニング室に向かったんだろうね。」だそうです。

宅(タク)

シャイなシャイニー薊…なんでもありません

筋トレとの出会い

そんな筋トレ好きな薊さんのトレーニングとの出会いのきっかけは高校2年生の頃。アーノルド・シュワルツェネッガーの「筋肉の奇跡」という本を読んで筋トレに本格的にハマったんだそうです。

シュワちゃんの名言「筋肉がNOといっても私はYesという」という言葉に感銘を受けたとYoutubeで語っていました。

宅(タク)

薊さんも言っていましたがトレーニングに対する「究極の意思の力」を表していて(面白いのはもちろんですが)カッコいいですよね!
MEMO
筋肉の神話には、トレーニングに関する考え方を中心にシュワルツェネッガー氏のインタビューが載っています。筋トレモチベーションが爆上がりするのでおススメの一冊。既に絶版なので、中古本でしか入手不可能です。

調理師時代

薊さんは、上京後はレストランの厨房で働いたり学校の給食を作ったりしていました。

宅(タク)

専門学校時代に取得した調理師免許が活躍!
MEMO
レストランは、To The Herbsというピザ・パスタ専門チェーン店で働いていたようです
MEMO
その他、足場のバイトをしていたこともあるとYouTubeで語っていました
その傍ら、自ら体を鍛えようと市が経営するジムに通います。そこで関東チャンピオンとなったボディビルダーから教えを乞いつつ、栄養学やトレーニング方法やを学んでいたようです。

エニタイムフィットネス勤務時代

2016年ごろからエニタイムフィットネスで働き始めた薊さん。

トレーナーとしての求人に応募するつもりがマネージャーでの採用になったという行き違いもあったそうですが、曙橋店や向ヶ丘遊園店で腕を上げ、最終的にはエリアマネージャーを任されました。

MEMO
現在は非公開になってしまいましたが、以前は店舗のYouTubeアカウントで“腕トレーニング”を指南する動画が公開されていました。
少しかしこまった雰囲気ではあるものの

  • 自分時間ないんで
  • ちょっと良く分からないんですけど

などいい意味でちょっと抜けた?キャラクターは当時から変わらないようです。

この時期にスマイル井上さん(マッスルグリルでシャイニー薊とコンビを組む相棒)との出会いがありました。エニタイムフィットネスにスマイルさんを採用したのがシャイニー薊さんだそうです。

カネキンさんにトレーニングを指導していたこともあります。


▼この頃から面白いですね

ちなみに薊さんは当時から店舗PRのため、トレーナーを紹介する動画をYoutubeに公開していたそう。

PR効果はイマイチ振るわなかったそうですが、中には面白い動画もたくさんあったとマッスルグリルトーク(仮)で語っていました。

宅(タク)

今となってはお蔵入りで見ることはできないのが残念!

そしてYouTuberへ

大会の舞台裏を撮影する動画を皮切りにYouTuberとしてデビュー。

運営するマッスルグリルは、開設から半年ほどで10万人登録を越える怒涛の勢いで人気チャンネルへと成長しました。

宅(タク)

今はエニタイムフィットネスを辞めており、名実ともにYouTuberとして生活をしています!

シャイニー薊の噂&エピソード

念願のオーバーオール優勝

2021年4月24日にIFBBとFWJ共同で開催されたフィジークの大会で、シャイニー薊さんがオーバーオール優勝(総合優勝)を果たしました。

宅(タク)

過去に薊さんがオーバーオール優勝したのは2014年に遡り、FWJ(旧NPCJ)としては自身初の快挙になります!

シャイニー薊は子供がいる?

薊さんは以前Facebook上で息子さんと思しき小さな子供を抱えた写真を投稿されていました。
コメント欄では”似ているね”と聞かれて”血がつながっているからね”といったやり取りがあり、これが本当なら息子さんがいらっしゃるのかもしれません。
これが事実なのか・離婚されたのか・そもそもお子さんは婚外子だったのか等詳細は不明。
分かっているのはマッスルグリルの動画で明かしている「現在は結婚していない」ということだけです。

宅(タク)

いずれにせよ、ぜひとも幸せになってもらいたいものです!

シャイニー薊の年収は?

単純な広告収入だけでもかなりの額を手にしていると思われます。これに加えて、

  • マッスルグリルのオリジナルアイテム物販
  • セミナー・オフ会
  • 漫画化したマッスルグリルの印税

など複数の収入源があるのでお金には困っていないでしょう。

ただ、稼いだお金の使い道を問われて「国産の美味しい鶏肉で沼を作る」なんて言っている彼ですから、あまり物欲はないのだと思います。

また、企業からの広告案件は来るものの、自分で実感できたものしか紹介したくないという考えで基本的に依頼を断っているようです。

こういった誠実で素朴な人柄も彼の魅力なのではないでしょうか。

宅(タク)

お金を稼いでも愛用の100年物(?)の炊飯器は使い続けて欲しいですね!

シャイニー薊の使うミキサーは超高級品

シャイニー薊さんがマッスルグリルで度々使っているミキサーは、バイタミックスという製品。

created by Rinker
Vita-Mix (バイタミックス)
炊飯器は100年ものの傍ら、実はバイタミックスは高級ミキサーの代名詞です。
MEMO
スタバなどでも使われていたりします
私も使っているのですが、パワーがすさまじい。
皮ごと野菜や果物を入れても瞬く間に粉砕してしまいます。

宅(タク)

沼顔負けなほど、ほんとに何にも残んない

シャイニー薊のオフ会はマッチョだらけ?

シャイニー薊さんは時々オフ会などのイベントを行っています。マッチョばかりが来るのかと思いきや、ファンはライト層が多め。20~30代の筋トレ初心者がメインだそうです。

宅(タク)

次回開催されたらぜひ行きたい!

 

この投稿をInstagramで見る

 

マッスルジム練馬店でセミナーを開催させていただきました!スタッフ様とお客様のご協力でとても有意義なセミナーとなりました!地方からの団体のお客様がキャンセルになってしまったり、国内のイベントに参加しにくい状況になっている中、お越しいただいたお客様、本当にありがとうございました!また開催させてください!源紀さんもいつもありがとうございます! #マッスルジム練馬店 #セミナー #大橋源紀 #マッスルグリルファミリー #肩トレ #背中トレ #ダイエット #マッスルグリル #シャイニー薊 #スマイル井上

マッスルグリル(@musclegrill)がシェアした投稿 –

シャイニー薊の筋肉を支えるサプリ&理論

シャイニー薊が使うサプリはEAA「だけ」

薊さんが使っているサプリメントはパープルラースというEAAのみ

宅(タク)

24歳ごろからずっと愛用しているそうです!

エネルギー補給の基本は、サプリメントではなく食事だと何度も語っている薊さん。
ー結局ね、食材に勝てるサプリメントはありませんから(シャイニー薊)
だから使っているサプリメントを激選しているんですね。

色々サプリメントを摂っていた時期もあるけれど、やめても変わり映えしなかった。
唯一効果を感じたEAAのみを残しているとのことです。

シャイニー薊がKentaiのプロテインを飲む理由

加えて薊さんは毎朝Kentaiのプロテインを飲んでいます。

宅(タク)

そこまでメーカーにこだわりはなさそうでしたが、あっさりしているのが好みだそうです!

ただ、あくまで美味しいからプロテインを飲んでいるだけとも語っていて、「たんぱく源は鶏むねなどの食事からとる」 というのが薊さんのポリシーのようです。

MEMO
プロテインは「サプリではなく食事」とも語っているのでサプリからは除外しました

ちなみに、マッスルグリルのサブチャンネル「マッスルグリルトーク(仮)」でスマイル井上とサプリメントについての考え方を語っています。


シャイニー薊のダイエット理論

エニタイムフィットネスのブログにて独自のダイエット理論を展開しています。
要約すると、

  1. 薊さんにとってのダイエットとは体脂肪率を下げること
  2. 具体的には脂肪の量を落として筋肉量(除脂肪量)を増やす
  3. そのために、炭水化物はしっかりとりつつ脂質を減らしている

といった内容で、こうすることで筋肉が水分を蓄えることができて筋肉の重量(除脂肪量)が増えて体脂肪率を下げることを狙います。

宅(タク)

太字の部分に裏付けがあるかは不明ですが、自分でしっかり考えていらっしゃるんだなというのが分かりますね!

シャイニー薊と関係が深い人(筋トレYouTuber他)

スマイル井上

皆さんご存知、薊さんの相棒がスマイル井上です。
【実は格闘家】スマイル井上のプロフィールから噂まで徹底調査【井上雄策】

JIN(小池さん)

IFBBプロのJINさん。薊さんは「小池さん」と呼び度々コラボすることも多いです。
JINの筋肉にステロイド疑惑?証拠写真も公開【小池友仁】

準グリの一同

▼全員わかる?マッスルグリルメンバーはこちらにまとめました
【視聴者必見!】マッスルグリルの準グリメンバーを大紹介