【コスパ重視】最安でパワーラックを実現する組み合わせは…【ベンチ台&ラック&バーベル+プレート】

トレーニング器具は高い買い物。長くジムに通うのに比べてトータルだと安い…なんて話もありますが、なるべく安く済ませたいですね。

ということで本記事では、格安でホームジムを手に入れるための器具の組み合わせをまとめます。

ここだけの話、自分が買ったときよりかなり安くなっていて…まとめていて少し悲しくなってしまいました笑

▼以下のMEMOは余談ですので興味のある人のみ読んでください

MEMO

私は学生時代に友人と同居している際にIROTECのマスキュラーセット(約13万円)を買って利用していました。

マスキュラーセットはバーベル、プレート、ベンチ台がセットになっていて”これさえ買っておけばOK”という手軽さが売り。ですが、その分すこし割高です。

当初はお金がないにも関わらず選ぶのが下手で高い買い物をしてしまったんですよね。今になって考えれば、もう少しいい選択ができたのでは…ということで、格安でホームジムを手に入れるためのチョイスを改めて整理するべく本記事を作成しました。

パワーラック以外にも必要なものがある

まずはホームジムを作るために必要なアイテムを再確認してみよう!

一言でパワーラックを入れるといってもトレーニングをするために購入が必要なものは以下3点。

  • パワーラック
  • バーベル&バーベルプレート
  • ベンチ台

これら3点がそろって初めてラックを使ったフリーウエイトトレーニングができるようになります。

最安でパワーラックを導入する組み合わせ

パワーラック:マーシャルワールド

最安価格層のパワーラックは形状がすべて同じ。マーシャルワールドのパワーラックPROが44000円で最安値でした。

ワイルドフィットファイティングロード辺りも安いラックを出しているので、値段を比較してから購入すると良いかと思います。

注意
パワーラックは年々値上がりしています。体感では数年前より1~2万円程度高くなった印象です。例えばファイティングロード。数年前であれば35000円で販売されてましたが、今となっては55000円になってしまいました…

ベンチ台:リーディングエッジ

昔は安いベンチ台だと背もたれ部分が折れる、凹むといったトラブルが相次いでいましたが、最近のベンチ台は安くても耐久性があるようです。8000円以内のものが格安の部類ですね。

筋トレYouTuberなどのレビューはあらかた見ましたが、リーディングエッジのものが評判がいいようです。

予算に余裕があれば背もたれを起こせるインクラインベンチ台にするのもおすすめです。値段は1万円ちょっと。肩回りを鍛えるためのトレーニング種目の幅がぐっと広がります。

バーベル&バーベルプレート:ノーブランド100kgセット

欲を出すなら140㎏セットが欲しいですが、価格を抑えつつイイ身体をつくるという意味では100㎏で十分です。一番安いノーブランド品を選べば3万円以下で手に入ります。

イイ身体って!?

例えばベンチプレス100㎏を上げられるようになると、オードリー春日、品川庄司の品川くらいの肉体派で売っている芸人くらいの見た目になります。

ちなみに、ブランドもののプレートを選ぶとそれだけで1万円以上値段が高くなります。重りの誤差が…とかバーベルの滑り止めの出来が,,, とか細かく見ると違いはありますが、基本的にはロゴが入るだけなのでノーブランド品で十分です。

MEMO
より高機能なオリンピックバー&プレートに拘るのであればWILDFITが最安値です

金額まとめ

上記の器具の値段をあわせるとおおよそ7万円程度。ジムに1年通えば確実に元がとれてしまう値段です。

私が当初買ったのはIROTECのマスキュラーセット(約13万円)でした。約半額….ショック…