【ビッグラミー連覇】2021年ミスターオリンピア速報

【3合・5合・10合】マッスルグリル炊飯器で作る「シャイニー牛丼」のレシピ公開&再現

炊飯器で炊き込むだけ。簡単にできる牛丼がマッスルグリルで紹介されました。

―シャイニー薊「給食作ってた時にやったのよ。ハマっちゃって、牛丼しばらく家で極めてたからね」

宅(タク)

そんな薊さんのこだわりが詰まったシャイニー牛丼をさっそくつくってみました!レシピ感想についてまとめます。

マッスルグリル 炊飯器でつくる牛丼

お手軽さ
(4.5)
美味しさ
(4.0)

マッスルグリル シャイニー牛丼のレシピ

マッスルグリル 炊飯器でつくる牛丼

マッスルグリル シャイニー牛丼の材料

作る量3合(2~3杯分)5合(3~4杯分)10合(7~8杯分)
牛薄切り肉240g360g720g
豆腐1パック1パック2パック
しらたき1パック1パック2パック
生姜1かけ2かけ4かけ
玉ねぎ1個2個4個
醤油50ml80ml160ml
リンゴジュース170ml280ml560ml
MEMO
吉野家など牛丼チェーンの肉の量は1杯あたり約90gです
MEMO
味付けの参考までにリンゴジュースは砂糖が10%(100ml→10g)です

マッスルグリル シャイニー牛丼のレシピ

宅(タク)

包丁こそ使うものの、材料も少なく5分以内に仕込みは終わります!
STEP.1
一番下が「玉ねぎ」

サク切りにした玉ねぎを炊飯器の一番下に入れます。

下に入れることで玉ねぎにしっかり味がしみ込む」これが薊さんの見つけた牛丼を美味しく作るコツだそうです。

STEP.2
残りの具材を入れる

▼生姜を千切りにしてから炊飯器に加えます

マッスルグリル 炊飯器でつくる牛丼

MEMO
牛丼らしい味にするためにも生姜は欠かせません

▼豆腐を薄目に切って

▼水を切ったしたらきと一緒に炊飯器に追加

マッスルグリル 炊飯器でつくる牛丼

▼最後に牛肉を並べましょう

マッスルグリル 炊飯器でつくる牛丼

STEP.1
味付け

最期に醤油とリンゴジュースを加えて味付けをします。これで準備は完成。

STEP.1
炊飯器にかける
普通炊きで炊飯器のスイッチをON。炊きあがって数時間放置したタイミングが食べ時です。

▼炊き上がったタイミングでつゆが染みていない場所はまぜてあげるとよいです

マッスルグリル 炊飯器でつくる牛丼

MEMO
保温しすぎると牛肉がボソボソになります。なので一晩寝かせるとイマイチになります

マッスルグリル シャイニー牛丼の感想

正直なところ味は普通の牛丼。なのでそこまで感動はなかったです。

ただ、手間がほぼかからずできるのが良い。一人暮らしの強い味方ですね。

ご存知の通り牛丼は米が進むのでバルクアップしたい(体重を増やしたい時)にはぴったりのメニューなのではないでしょうか。

宅(タク)

薊さんはこの牛丼にハマった時期に10kg以上太ってしまったらしいです笑

甘辛さのバランスはリンゴジュースと醤油のバランスで各自変えるのが良いと思います。

MEMO
リンゴジュースを公式の量の半分程度にしたらピリッとした仕上がりになりました

マッスルグリル「シャイニー牛丼」の公式レシピ動画

まとめ

  • マッスルグリルのコーナーおふくろシャイニーが開始
  • 第一弾は炊飯器で作る牛丼「シャイニー牛丼」
  • 時短で作れてシンプルでおいしい牛丼でした