【3合・5合・10合】減量食「マグマ」のレシピを公開&再現【マッスルグリル スマイル井上】

トレーニーならだれもが知っている筋トレyoutubeチャンネル「マッスルグリル」

今回は、マッスルグリルの数あるレシピの中でも美味しいと評判の減量食「マグマ」を作ってみました。

▼マグマの元となった元祖「沼」はこちらにまとめました
【シャイニー薊(あざみ)直伝レシピ】減量食「沼」を作ってみた【3合・5合・10合】

▼沼&マグマ以外の料理も面白いですよ!
【沼&マグマだけじゃない!】ビストロシャイニーの料理13選【マッスルグリル】

マグマは元祖減量食「沼」の派生形。沼に比べて

  • 作るのがちょっと面倒
  • 味はより美味しい

と感じました!

スマイル井上直伝 「マグマ」のレシピ

「マグマ」の材料(3合・5合・10合)

 

作る量 10合 5合 3合
トマトホール缶 1缶 1缶 1缶
鶏むね肉 1枚 1枚 1枚
オクラ 10本 10本 10本
272g 136g 91g
2ℓ 1ℓ 670㏄
玉ねぎ(中) 3個 2個 1個
乾燥椎茸 30g 15g 10g
にんにく 2かけ 1かけ 1かけ弱
塩コショウ&クレイジーソルト 少々 少々 少々
注意
  • 鶏肉を柔らかく仕上げるためにもオクラは作る分量によらず10本入れるのがポイントです
  • 公式レシピでは10合炊きににんにくを5かけ利用。ただし、食べたスマイル井上はむせていたので少なめに改良しました…
MEMO
椎茸は切ってあるものの方が良いです。丸々一個のタイプだと少し硬く仕上がりました

「マグマ」のつくりかた

かかる時間は10分くらい。沼より時間はかかりますが時短飯!
STEP.1
野菜の下処理

炊き上がった後にも玉ねぎはなくならないので玉ねぎは下処理が必要。ここが沼より面倒な点ですね…

マッスルグリルでおすすめしてたフードプロセッサーを使ってしまう方が早くていいかも

包丁やフードプロセッサーを使って粗みじんにしましょう。

加えて、にんにくをみじん切りにしておきます。

STEP.2
材料をいれる

水を注いだらはじめに米を入れましょう。後の順番は適当でOK。ちなみに鶏肉は切る必要なし。なんなら冷凍のままでもOKです。カロリーが気になる方は皮をはぎましょう。

STEP.3
炊き込み
白米炊きのボタンを押したらOK。炊き上がり後5~6時間保温しておくといい感じになります。
STEP.4
まぜる
ふたを開けたらよく混ぜます。鶏肉がホロホロに裂ければいい感じの仕上。塩コショウ&クレイジーソルトで味を調えて完成です。

注意
トマトホールを使っているので水は沼より少なめ。分量を間違えないようにしましょう。

「マグマ」の味は即席トマトリゾット

マグマという名前がついていますが、要は即席のトマトリゾット。玉ねぎの甘さが染み出て非常においしい。

また、チーズやコンソメを加えると味に奥行きがでてさらにイイ感じになります。

「マグマ」のメリット

一番は沼と比べた時の美味しさ。沼もマズいわけじゃないですが、やっぱり広く食べられているだけあってトマトリゾットには敵わないかな、と感じました。また、トマトに含まれるリコピンの抗酸化作用で、活性酸素の消去が見込めるのも見逃せません。

「マグマ」のデメリット

沼は包丁や下処理をせずに料理できますが、、マグマは玉ねぎを使うので皮むきや刻んだりといった手間がかかります。

料理そのものは10分以内で終わりますが、玉ねぎの皮を集めたりと掃除が面倒なので、正直ズボラトレーニーには向いていないかもしれません。

マグマの日持ち

(あくまで私の場合ですが)出来てから保温で24時間は持ちました。だだ、できれば前日夜に仕込みをして、翌日中に食べきるのが良いかと思います。

マグマの栄養は十分なのか?

マグマで体重は落ちるのか?

マッスルグリルでは、マグマ10合と卵2個を1日にとることを推奨しています。

この場合の総摂取カロリーは「1960kcal」ほど。

薊さんの場合は沼やマグマ10合の生活を数週間続ければ勝手に仕上がる(=体重が落ちる)、といっていましたが、これがすべての人にあてはまるとは限りません。

なぜなら基礎代謝や栄養の吸収率は個々人で異なるからです。したがって、沼やマグマを食べる量は、各自調整する必要があります。

とはいえ、一般成人男性のケースだとおよそ2500kcal程度は必要と考えられますから、沼・マグマ生活で体重が徐々に減っていくことは間違いないかと思います。

農林水産省による下の図も参考にしてみてください!

出典:「一日に必要なエネルギー量と摂取の目安」(農林水産省)

マグマでどれだけ栄養が賄えるのか?

果たして1日に摂る栄養素がこれで十分に賄えるのか?気になったので調べてみました。食材の栄養はこちらのページをもとに作成しました。

流石に使っている食材が少ないだけに足りない栄養素も多いです。また、ナトリウムの摂取量が多すぎるのが少し気になりますね。(ナトリウムは1日の摂取上限が規定されています)

MEMO
摂取カロリー量が公式のものと少しずれているのは材料のカロリー表を薊さんとは別のものを使っているためです。(食品のカロリーは20%までブレ幅があるため気にする必要はないでしょう)
区分 養素項目 合計 必要量に占める割合 一日に取得が必要な量 単位
マクロ 糖質 258.1466667 82% 316.3 g
マクロ たんぱく質 175.087 203% 86.2 g
マクロ 脂肪総量 95.217 124% 76.7 g
energy エネルギー 1961.58 85% 2300 kcal
fat n-3脂肪酸 0.616133333 31% 2.005730659 g
fat n-6脂肪酸 11.3614 103% 10.98484848 g
vitamin ビタミンA 631.28 74% 850.2816901 ug
vitamin ビタミンB1 1.2634 91% 1.383928571 mg
vitamin ビタミンB2 1.832 113% 1.615720524 mg
vitamin ナイアシン(VB3) 83.148 555% 14.97797357 mg
vitamin パントテン酸(VB5) 20.49706667 412% 4.980079681 mg
vitamin ビタミンB6 4.2854 306% 1.399176955 mg
vitamin ビオチン(VB7) 50.148 100% 49.93630573 ug
vitamin 葉酸(VB9) 345.38 144% 239.6815287 ug
vitamin ビタミンB12 1.08 45% 2.413793103 ug
vitamin ビタミンC 64.03 64% 100.1149425 mg
vitamin ビタミンD 7.26 132% 5.517241379 ug
vitamin ビタミンE 7.357 113% 6.52173913 mg
vitamin ビタミンK 95.95 64% 149.8089172 ug
mineral カルシウム 185.69 23% 801.8796992 mg
mineral クロム 2.35 24% 10 ug
mineral 0.9894 109% 0.909090909 mg
mineral ヨウ素 20.6022 16% 130.0478469 ug
mineral 7.378 105% 7.007874016 mg
mineral マグネシウム 311.28 92% 339.1216216 mg
mineral マンガン 3.1882 79% 4.026845638 mg
mineral モリブデン 200.17 802% 24.96815287 ug
mineral リン 1782.48 179% 996.5254237 mg
mineral カリウム 3336.36 111% 2999.754098 mg
mineral セレン 45.26 151% 30.06849315 ug
mineral ナトリウム 434.278 73% 598.8717949 mg
mineral 亜鉛 6.944 69% 10 mg
fiber 食物繊維総量 5.2 26% 20 g

「マグマ」紹介 公式動画

こちらがマッスルグリルによるマグマのレシピ動画。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です