エクスプロージョン プロテインが価格改定。値上げ幅から代替品まで

国産の高コスパプロテインとして知られるX-PLOSION(エクスプロージョン)プロテインが2021年に2度値上げをしたのをご存じでしょうか。

そこで本記事ではエクスプロージョンのプロテインについて、

  • どれくれい値段が上がったのか?(値上げ幅)
  • なぜ価格があがったのか?(値上げの原因)
  • 値上げ後も他のプロテインと比べて安いのか(代替品はあるのか)

についてまとめます。

エクスプロージョンが値上げ

エクスプロージョンが価格改定で値上げ

エクスプロージョンのプロテインは2021年度に3度(WPC:2回、WPI:1回)の値上がりになりました。

値上がり幅は商品によりますが、主力製品のWPCプロテイン3kgは年間で23%と中々な値上げ率になっています。

最大26% プロテインの値上げ幅&割合まとめ

エクスプロージョンで販売されている主要商品ごとの値上げ状況をまとめました。

宅(タク)

価格改定後も1kgあたり何とか2000円と高コスパなのは嬉しいところです
商品名内容量最新価格(税抜)最新1kgあたり価格(税抜)2021年当初価格(税抜)値上げ率
WPCプロテイン(味つき)3kg5,997円1999円4,890円23%
WPIプロテイン(味つき)3kg6,394円2131円5,994円7%
WPCプロテイン(味つき)300g1,823 円6077円1,580円15%
WPCプロテイン(プレーン)3kg5,277 円1759円4,140円27%
WPIプロテイン(プレーン)3kg6,394円2131円5,994円7%
WPCプロテイン(プレーン)300g1,380円5420円1,626 円18%

エクスプロージョンプロテイン 値上げの理由

エクスプロージョンは相次ぐ価格改定の理由について、公式リリース上で下記のように示しています。

●為替:円安だとホエイパウダーが高く、円高だと安くなります。為替1円でホエイパウダー1Kgあたり10円前後の動き。現在円安のため価格高騰

●中国・アメリカ国内需要:養豚や健康志向のため各国でホエイパウダー消費量が増加傾向のため、ホエイパウダーの奪い合い、パウダー価格高騰。

●アメリカ貨物船滞留:コロナにより船のコンテナを開封する人が激減し、未開封コンテナが港に滞留、
コンテナを降ろせない船が港沖に滞留、コンテナが空かないので輸入空きコンテナを奪い合い、輸送費高騰

●ホエイ業界:業界として横並びの高価格高利益を維持する動きが予測され原料高止まり。

(プロテイン動向について【CEO大谷より】2021年12月14日)

要約すると、

  • 為替(円安)の影響
  • ホエイの需要増
  • 運送費高騰

といった要因でホエイプロテインの原料であるホエイ価格が高騰したということのようです。

加えて業界が談合してホエイ価格を横並びにする動きがみられホエイを安く仕入れることも中々難しい状況にあると説明されています。

MEMO
ホエイの価格高騰の要因については、ビーレジェンドのプロテインの値上げ幅についての記事の中でも深堀りをしています

エクスプロージョンの代替プロテイン

国内プロテインでは値上げ後も最安レンジを維持

年に数回の値上げをしたエクスプロージョンですが、国産プロテインとしてはいまだ最も安い部類のプロテインになっています。

宅(タク)

GRONG等の他の国産高コスパに買い替えたとしても大きな節約にはならないでしょう

マイプロテイン(海外プロテイン)

国内のプロテインにこだわらないのであればマイプロテインもおすすめなプロテインです。

月数回のセール時に購入すれば1㎏あたり1500円以下で購入できるため、他のプロテインより頭一つ抜けたコスパといえるでしょう。

エクスプロージョンの値上げ まとめ

  • エクスプロージョンのプロテインが2021年度に年間で20%以上の値上げ
  • 値上げ後も1kgあたり2000円以下を維持していて国産プロテインとしては最安の部類
ザバスのプロテインが(サイレント)値上げ。商品ごとの値上げ率など状況まとめ ビーレジェンド プロテインが価格改定。値上げ幅から代替品まで マイプロテインがまた値上げ。インパクトホエイの価格推移&値上げ率などまとめ