\ボディビルかけ声 傑作集/

【マッスルグリル】炊飯器でつくる「鯛飯」のレシピを公開&再現

マッスルグリルより、シンプルながら美味しい鯛飯のレシピが公開されました。

『炊飯器でつくる鯛飯』

  • レシピ(骨が邪魔にならないようアレンジ)
  • 作って食べた感想&口コミ

をまとめました。

炊飯器でつくる鯛飯のレシピ|マッスルグリル

炊飯器でつくる鯛飯の材料

材料(2~3人分)

  • 鯛の切り身:1パック
  • 鯛のアラ:1パック
  • 米:300g(2合)
  • 乾燥昆布:10g
  • 塩:10g
  • 水:420ml(2合分)
注意
骨をとるのが非常に難しいので粗に加えて切り身を使うようアレンジしています

炊飯器でつくる鯛飯の作り方

STEP.1
出汁とり

乾燥昆布の表面を固く絞ったフキンでふき、500mlほどの水を注いだ鍋に30分ほど漬けます。

鯛のアラは、流水にかけたら上から塩を振って揉み込みます。

30分経ったら、中火で10分ほどかけて鍋を熱していきます。

沸騰する直前で昆布を鍋から除き、代わりに鯛のアラを加えて15分ほど煮詰めていきます。

鯛をとりだしたら出汁の完成です。

STEP.2
炊飯器に追加

炊飯器の内釜にまず米とSTEP.1で作った出汁を加えて上から鯛の切り身を載せたら準備完了。

MEMO
鯛のアラも入れてもいいですが、骨とりが面倒なのであまりおすすめしません
注意
昆布は加熱しすぎると渋みが出るので一緒に炊くのはおすすめしません
STEP.3
炊飯~仕上げ
炊飯器に内釜をセットしたら普通炊きで炊いていきます。

炊き上がったら切り身をほぐして混ぜたら完成です。

炊飯器でつくる鯛飯の評価

炊飯器でつくる鯛飯を食べた感想


▲炊きたては真っ白ですが、保温しておくと色がつきはじめます

シンプルながら高級感がある味。文句なしに旨いです。
鯛・塩・昆布のシンプルな味つけですが、もても上品な香りと味。
少し手間をかけてアラを煮詰めて出汁をとったのが良かったと思います。
また、お湯で炊くことになるので少し固めに仕上がるのも良い感じでした。

炊飯器でつくる鯛飯の口コミ

炊飯器でつくる鯛飯のまとめ

炊飯器でつくる鯛飯をおさらい

  • マッスルグリルより鯛×昆布のみを使った鯛めしのレシピが登場
  • 少ない材料ながら上品な味わいで美味しい
  • 具材には鯛のアラではなく切り身を使うのが楽でおすすめ

炊飯器でつくる鯛飯の公式動画